ル・コルビュジエ×日本 国立西洋美術館を建てた3人の弟子を中心に

2015.06.18


国立近現代建築資料館にて
「ル・コルビュジエ×日本 国立西洋美術館を建てた3人の弟子を中心に」
が開催されます。
日本の近現代建築において、ル・コルビュジエがどのように発見・受容され、
展開したかを、パリのアトリエで学んだ3人の弟子たち
(前川國男、坂倉準三、吉阪隆正)の活動を中心に探るとともに、
日本におけるル・コルビュジエ唯一の実作《国立西洋美術館》(1959)の
建設経緯と建築の魅力を紹介する展覧会です。
本展覧会のポスター、フライヤー、図録、屋内外サインを担当しています。
ぜひご覧ください。

 

→国立近現代建築資料館 website

 

 

poster_outline