企画展「ジョルジュ・ルオー展」開催

2013.10.01


千葉市美術館にて企画展「ジョルジュ・ルオー展」が開催されます。

油彩・水彩による絵画作品および版画作品の中で類型化され

繰り返し描かれた人物表現に着目し、紹介する内容です。

ぜひご覧ください。

 

→展覧会website

 

 

 

フランスの画家ジョルジュ・ルオー(1871-1958)は、

ステンドグラス職人のもとで働き始めた後、本格的な絵画を志し、

象徴主義の画家ギュスターヴ・モローに師事しました。

門下には、マティスやマルケなどのフォーヴィストたちが育ち、

彼らの活動に刺激を受けながらも、ルオー自らはキリストの受難や聖書の場面を

マチエールにこだわって描き、道化師やサーカスの人物たちをテーマに取り上げ、

独自の世界を築いていきます。

 ルオーの作品は、早くから日本でも紹介され、

現在にいたるまで多くの人々の心をとらえてきました。

本国以外でこれほどルオーを愛し、 その作品を大切にしてきた国はないといえるでしょう。

これまで国内に複数の優れたルオー・コレクションが形成されてきたことも、

この 画家が日本人に心から受け入れられてきた興味深い証といえます。

近年では、同時代文学との関係など様々な切り口からその仕事に光が当 てられ、

画家の独自性のみならず時代背景の中での理解が進んできました。

 本展覧会では、油彩・水彩による絵画作品および版画作品の中で、

類型化され繰り返し描かれた人物表現に注目し、

サーカスの人々・貧しい人々と驕れる人々・キリストと聖者たち・多彩な人物表現の

各章に分けて紹介します。

ルオーの同時代社会への観察者としてのまなざしと人間存在への

深い洞察を手がかりとして、この画家が今なお私たちに訴え続けるメッセージを探り、

その魅力に迫ります。

 

 

ジョルジュ・ルオー展

会期:2013年10月1日(火)~ 11月17日(日)

 

観覧料:

一般:1000円(800円)

大学生:700円(560円)

小・中学生、高校生無料

※( )内は前売券、団体20名様以上、および市内在住65歳以上の料金

※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

※前売券はミュージアムショップ(9月23日まで)、

ローソンチケット(Lコード:33908)、セブンイレブン(セブンコード:025-186)、

千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口

(11月17日まで)にて販売。

※10月18日(金)は「市民の日」につき無料開放。

 

開館時間:

日~木曜日 10:00~18:00

金・土曜日 10:00~20:00

※入場受付は閉館の30分前まで

休館日

第一月曜日(祝日の場合は翌日)(10月7日、11月5日)