企画展「五線譜に描いた夢 -日本近代音楽の150年」開催

2013.09.02


東京オペラシティ・アートギャラリーにて

企画展「五線譜に描いた夢 -日本近代音楽の150年」が

開催されます。

幕末維新期から現代に至る日本の近代音楽の展開を視覚的に

再構成する初めての試みです。

この展覧会のポスター・フライヤー・チケット等の広報物、や図録など、

グラフィックデザインを担当しています。

ぜひご覧ください。

 

→展覧会website

 

 

 

日本の音楽は、19世紀後半、西洋近代の文化との接触によって新たな歩みを始めました。

明治維新政府は教育制度に西洋音楽を積極的に導入し、

近代国家にふさわしい音楽の構築を試みます。

以来150年、日本の近代音楽は、ときに国内外の政治情勢に翻弄されながらも、

芸術文化の諸領域と連動し、さまざまな表情をみせつつ、めざましい発展を遂げ、

今日の音楽文化の隆盛を築いてきました。

本展は、激動の時代とともに歩んできた日本近代音楽の150年を、

I. 幕末から明治へ

II. 大正モダニズムと音楽

III. 昭和の戦争と音楽

IV. 「戦後」から21世紀へ

の4つのセクションに分けて紹介します。

明治学院大学図書館付属日本近代音楽館の所蔵資料を中心に、

全国の資料館、美術館および個人蔵の貴重な資(史)料を加えた約300点によって、

幕末維新期から現代に至る日本の音楽の展開を視覚的に再構成する初めての試みです。

日本人が五線譜に描き、託してきた夢をふり返ります。

 

五線譜に描いた夢 ─ 日本近代音楽の150年

期間:2013年10月11日[金]─ 12月23日[月・祝]

会場:東京オペラシティ アートギャラリー[3Fギャラリー1, 2]

開館時間:11:00 ─ 19:00

(金・土は11:00 ─ 20:00/いずれも最終入場は閉館30分前まで)

休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

入場料:一般 1,000円(800円)、大学・高校生 800円(600円)、

中学・小学生 600円(400円)

同時開催「収蔵品展046 聖と俗」「project N 54 大垣美穂子」の入場料を含みます。

収蔵品展入場券200円(各種割引は無し)もあり。

( )内は15名以上の団体料金

その他割引(半額):閉館1時間前以降の入場、65歳以上

土・日・祝日は中学・小学生無料。

障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。

Arts友の会会員は無料。(会員証をご呈示ください)

割引の併用および払い戻しはできません。

お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団/明治学院大学/

NHKプロモーション/日本経済新聞社

協賛:NTT都市開発株式会社

協力:株式会社ヤマハミュージックリテイリング