企画展「ムサビのデザインII」開催

2012.04.10


武蔵野美術大学 美術館・図書館にて

企画展「ムサビのデザインII -デザインアーカイブ50s – 70s」が

開催されます。

50年代から70年代の収蔵作品を軸に、

ポスター、椅子、雑誌のデザインコレクションを公開する展覧会です。

ぜひご覧ください。

展覧会website

 

 

ムサビのデザイン II -デザインアーカイブ 50s-70s- 

Musashino Art University and Design II -Design Archive from 50's to 70's-

会期:2012年5月14日(月)―8月18日(土) 
(特別開館日:6月10日,7月16日)
休館日:日曜日(ただし特別開館日をのぞく)
時 間:10:00-18:00(土曜、特別開館日:17:00閉館)
入館料:無料
会場:武蔵野美術大学 美術館 展示室4、5、椅子ギャラリー、図書館展示室
主催:武蔵野美術大学 美術館・図書館
共催:武蔵野美術大学 造形研究センター
監修:柏木博(本学造形文化・美学美術史教授)、
松葉一清(本学造形文化・美学美術史教授)
共同監修:今井良朗(本学芸術文化学科教授)、
寺山祐策(本学視覚伝達デザイン学科教授)
ポスター・雑誌・椅子などの館蔵品から50-70年代デザインの魅力に迫る、
「ムサビの デザイン」第二弾。

武蔵野美術大学 美術館棟リニューアル開館記念
「ムサビのデザイン」展(2011年)の第2弾です。
本展では、日本においてグラフィック・デザインが隆盛した1950年代から
70年代に焦点を当てます。そして同時代のデザイン界の動きにあわせ、
学生の教育のために収集されてきた当館のデザインコレクションを紹介します。
 本展では、まず初めに日本のグラフィック・デザインの歩みそのものといえる
「日本宣伝美術会」(日宣美)の存在を紹介します。
日宣美解散後当館に寄贈されたアーカイブ資料を中心に、
当時のムサビの学生や教員の日宣美受賞作、その後に制作したポスターを展示します。
 次に、60年代当時のデザイン界の若い力が結集し、
グラフィック・デザイン史において象徴的な展覧会であった「ペルソナ」展(1965年)。
この展覧会の終了後、当館に寄贈されたポスター他の資料を、
今回40年ぶりに公開します。
 そして、同時代的な観点から日本のエディトリアル・デザインに
大きな影響を与えた国内外の雑誌約80タイトルを展示するとともに、
350脚以上に及ぶ当館の椅子コレクションから厳選した椅子50脚を紹介します。
 これらの50年代から70年代のデザイン資料の並ぶ4つの展示室を線で結ぶことで、
激動の時代に新たなデザインの原動力となったアートディレクター、
デザイナーたちの造形活動に迫り、さらに当時のデザイン界を取り巻く
社会背景やムサビのデザイン教育との関連を再発見する機会となるでしょう。