スタッフ募集

2019.06.20

—————————————————————————

募集要項

 

more

宇都宮美術館 企画展「視覚の共振・勝井三雄」が開催されます。

2019.03.29

宇都宮美術館 企画展「視覚の共振・勝井三雄」が開催されます。

 

戦後日本のグラフィックデザインを牽引してきたひとりである勝井三雄の

半世紀に渡るデザイン活動とデザイン作品を網羅的に公開する展覧会が開催されます。

 

1800年から2019年までのデザイン史を振り返りながら、勝井が何に触発され、

それがどのような活動へと転換されたかを俯瞰することができる年表を

プロムナードギャラリー30mの壁面にて展開します。

同時に関連した書籍など貴重な資料を並列することで、時代の変化や出来事に

敏感に反応しながら多くの名作を生み出してきた勝井三雄のデザイナーとしての

アイデンティティに触れる機会となります。

 

視知覚の原理を再認識することができる作品や、森羅万象が二次元平面に凝縮された作品など、

光と色を主題とした様々なポスター作品を展示する「色光の部屋」。

ここでは、2016年に開催された「兆しのデザイン」にて発表したインスタレーション作品を再現するなど、

人間が感応する世界を様々な視点で表象化された作品を公開します。

 

形や色彩の生成原理を探求し、それらが連続することで生まれる変容・変形の過程を探求した実験作品、

これらの研究が実践へと活かされたカレンダーや書籍、雑誌、楽譜、などの装丁、

異分野の作家との協働の中で、彼らの「存在の刻印」ともいうべき作品集や写真集、

あらゆる要素を俯瞰し体系立て、相互の連関性を見出しながら統合していく編集造形など、

知の基盤を自ら作り上げながらもそれを活かしながら世界像を構築していった作品群を公開する

「情報の部屋」。

ここでは1000点を超える書物やカレンダーなどの他に、勝井三雄の思想が体現された作品

「土の記憶」「水を誌す」「ゆらぎとゆらぎ」をインスタレーションとともに再現します。

 

この他、書物の構造を再解釈して紙の彫刻へと展開した作品や、

人間が認識できる可視光の世界を巨大なインスタレーションへと展開した作品などを

美術館中央に位置するアトリウムギャラリーにて公開します。

 

本展の空間構成、広報物デザイン、展覧会に合わせて発行する作品集のデザインを担当しました。

ぜひご覧ください。

 

→特設サイト

→宇都宮美術館WEBサイト

more

東京ステーションギャラリー 企画展「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」が開催されます。

2019.02.01

東京ステーションギャラリー 企画展「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」が開催されます。

 

本展はヴィトラ・デザイン・ミュージアムとアルヴァ・アアルト美術館の企画による国際巡回展で、

ドイツを皮切りに、スペイン、デンマーク、フィンランド、フランスの各国で開催され、

生誕120年を迎えた2018年、日本においては20年ぶりとなる個展が実現しました。

アアルトの魅力の再発見の機会をどうぞお見逃しなく。

 

本展の広報物のデザインを担当しました。

ぜひご覧ください。

 

→東京ステーションギャラリーWEBサイト

more

武蔵野美術大学 美術館 企画展「和語表記による和様刊本の源流」が開催されます。

2018.09.30

武蔵野美術大学 美術館 企画展「和語表記による和様刊本の源流」が開催されます。

 

本展は近世日本の木版印刷による刊本を、造形的視点から再見することにより、

「和様刊本」を日本の造本デザイン史に位置づけることを目的としています。

また同時に、漢字・平仮名・片仮名などの字形をはじめ、料紙・印刷・製本等、

造本における造形要素の考察を通して、和語表記による「和様刊本」の多様な造本美の世界を紹介します。

 

本展の広報物、サイン類のデザインを担当しました。

ぜひご覧ください。

 

→武蔵野美術大学 美術館WEBサイト

more

目黒区美術館 企画展「村上友晴 ひかり、降りそそぐ」が開催されます。

2018.09.30

目黒区美術館 企画展「村上友晴 ひかり、降りそそぐ」が開催されます。

本展は、現代美術作家・村上友晴の独自の世界を貫く姿勢によって生み出された

静謐な絵画作品群を紹介する展覧会です。

本展の広報物、図録、サイン類のデザインを担当しました。

ぜひご覧ください。

 

→目黒区美術館WEBサイト

more

トーキョーアーツアンドスペース 企画展「オープンサイト2018-2019」が開催されます。

2018.09.29

本展は、全てのジャンルを対象に、新しい表現を創造し、

社会へと開いていく意欲に満ちた企画が集まるプラットフォームを目指すプログラムです。

第3回となる今年度から、これまでの展示企画、パフォーマンス企画に加え、

小規模ながらも実験的な企画を対象にOPEN SITE dotを新設しました。

国内外多数の応募の中から、厳正なる審査を経て、展示やパフォーマンス、

演劇など9企画を選出しました。さらにTOKAS推奨企画、

教育普及プログラムを加えた合計11企画を実施します。

 

本展の広報物のデザインを担当しました。

ぜひご覧ください。

 

→トーキョーアーツアンドスペースWEBサイト

more

千葉市美術館 企画展「1968年 激動の時代の芸術」が開催されます。

2018.09.10

千葉市美術館 企画展「1968年 激動の時代の芸術」が開催されます。

世界中で近代的な価値がゆらぎはじめ、各地で騒乱が勃発した1968年を

日本の現代美術を中心に回顧する展覧会です。

本展の広報物、図録、サイン類のデザインを担当しました。

ぜひご覧ください。

 

→千葉市美術館WEBサイト

more

印刷博物館 企画展「天文学と印刷 —新たな世界像を求めて」が開催されます。

2018.06.23

印刷博物館 企画展「天文学と印刷 —新たな世界像を求めて」が開催されます。

本展はニコラウス・コペルニクス、ティコ・ブラーエ、ヨハネス・ケプラーなど、

天文学の進展に大きな役割を果たした学者と印刷者の関係を紐解く展覧会です。

ぜひご覧ください。

 

→印刷博物館WEBサイト

more

雑誌「アイデア」No.382に寄稿しました。

2018.06.10

雑誌「アイデア」No. 382の特集「グラフィズム断章:もうひとつのデザイン史」

に寄稿しました。

本特集は2018年2月にクリエイションギャラリーG8にて開催された

展覧会を元に構成した内容となっています。

本特集内で「演算か表現か……戦後日本のダイアグラムと現在」というタイトルで、

テキストと図版を構成しています。

ぜひご覧ください。

 

→出版社WEBサイト
→amazon

more