建築プレゼンのグラフィックデザイン 発売

2015.12.03


「建築プレゼンのグラフィックデザイン」が
鹿島出版会から発売されます。
本書は“建築プレゼンのグラフィックデザイン”に関する、
初めての教科書です。
実例の読み解きから基礎的なレイアウト手法の紹介まで、
様々な観点から建築のプレゼンボード制作に必要なデザインを
掲載しています。
また、第2章では既存のプレゼンボードを中野がリ・デザインしつつ、
そのプロセス解説を掲載しています。
本書の共著、ブックデザインを担当しています。
ぜひご覧ください。

 


→鹿島出版会website
→amazon
 

 

 

 

 

 

 

図解 建築プレゼンのグラフィックデザイン
Graphic Design for Architectural Presentation Board

 

坂牛 卓|平瀬有人|中野豪雄
Taku SAKAUSHI|Yujin HIRASE|Takeo NAKANO

 

———
コンペに勝つグラフィックデザイン、その極意と技法

建築家の成功体験を綴ったプレゼンの指南書は数多くある。
しかし、これらで語られている内容はあなたが本当に知りたかったことだろうか?

・フォントはどのように選ぶ?
・コンセプトが伝わるマージン(余白)の寸法とは?
・美しく見える配色の設定は?

本書は“建築プレゼンのグラフィックデザイン”に関する、初めての教科書である。
実例の読み解きから基礎的なレイアウト手法を紹介。
グラフィックデザイナー・中野豪雄によるデモンストレーションを通じて、オペレーションの技法を説く。
設計の場でグラフィックデザインの重要度が高まる今だから知りたい、コンペに勝つためのデザインの実例集。

 

———
建築のプレゼンテーションを想定したレイアウトをビジュアルに図解。
入選案の実例分析とプロのデザイナーによるデモンストレーションを通じて、
コンペに勝つためのオペレーションを説く。
設計実務の現場で求められるグラフィックデザインの極意。

 

———
目次

国内外コンペ事情/制作環境と制作手法の変遷/この本の使い方

第1章 理論篇—提案書を読み解く
収録事例
青木淳建築計画事務所
〈三次市民ホール〉プロポーザル案
西沢大良建築設計事務所
〈KOKUEIKAN PROJECT〉プロポーザル案
古谷誠章+NASCA
〈工学院大学八王子キャンパス・スチューデント・センター〉プロポーザル案
福屋粧子建築設計事務所
〈長野県塩尻市大門中央通り地区市街地再開発ビル〉プロポーザル案
中山英之建築設計事務所
Tea House Competition提案図書
岩瀬諒子〈おくじょうのくさむら〉
U-30 Glass Architecture Competition応募案
石上純也〈Little Gardens〉
DEROLL Commissions提案パネル
ほか

第2章 実践篇—提案書をリデザインする
中野豪雄による〈多賀町中央公民館〉コンペ案
(O.F.D.A.+東京理科大学・坂牛卓研究室)のリデザイン
中野豪雄による〈福智町立図書館・歴史資料館〉プロポーザル案
(yHa architects+佐賀大学・平瀬有人研究室)のリデザイン

デザイン単位換算表/グラフィックデザインをより深く知るためのブックガイド

 

———
著者
坂牛 卓 Taku SAKAUSHI
建築家、東京理科大学教授
1959年東京都生まれ。1985年UCLA大学院建築学科修了。1986年東京工業大学大学
院修士課程修了。同年、日建設計入社。1998年O.F.D.A設立。信州大学教授を経て2011
年より現職。博士(工学)。著訳書に『建築の規則』(ナカニシヤ出版、2008年)、
『αスペース』(共著、鹿島出版会、2013年)、
エイドリアン・フォーティ『言葉と建築』(監訳、鹿島出版会、2005年)

平瀬有人 Yujin HIRASE
建築家、佐賀大学准教授
1976年東京都生まれ。2001年早稲田大学大学院修士課程修了。早稲田大学古谷誠
章研究室・ナスカ一級建築士事務所・早稲田大学助手を経て、2007年yHa architects
設立。同年より文化庁新進芸術家海外留学制度研修員としてスイス在住。2008年より
現職。著書『やわらかい建築の発想』(共著、フィルムアート社、2013年)ほか。

中野豪雄 Takeo NAKANO
グラフィックデザイナー
1977年東京都生まれ。2001年武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。
勝井デザイン事務所を経て2005年中野デザイン事務所設立。情報の構造化と文脈の可視化を主題に、
さまざまな領域でグラフィックデザインの可能性を探る。
現在、武蔵野美術大学、多摩美術大学講師。
おもな仕事に『建築雑誌』(日本建築学会、2012-2013年)、
『レム・コールハースは何を変えたのか』(鹿島出版会、2014年)ほか。

 

———
B5判、84頁、ソフトカバー
定価(本体2,700円+税)
2015年12月9日発売
鹿島出版会

ISBN 978-4-306-04632-0 C3052