「ムサビのデザインII」の図録ができました。

2012.05.16


「ムサビのデザインII」の図録が完成しました。

先日届いたばかりなので、少しだけご紹介。

メインヴィジュアルでは「50」「60」「70」という数字がオーバーラップしていますが

図録では、この構造を表紙とカバーの関係性の中で再構築しました。

カバーはトレーシングペーパーにホワイトを3版、

表紙ではミラーコートに蛍光色を半分混ぜたプロセスインキでグラデーション。

これを重ねてポスターやフライヤーのデザインと連動させる、という狙いです。

理論上では簡単な構造だけど、実際に印刷で実現するとなると

色々と難しいところもありましたが、印刷所の奮闘のおかけで

とても面白い効果+上質な仕上がりになりました。

 

↑カバーを巻いている状態

 

↑カバーをとるとこうなります。

(3本の長方形は見る角度を変えると「POSTER」「CHAIR」「MAGAZINE」という英語がうっすら見えます。)

 

ちなみに表1と表4では表紙のグラデーションを天地逆さまにしています。

こうすると、カバーから透ける色が表1側からみると「50」が濃く見えて

表4側からみると「70」が濃く見えます。

この図録自体が立体的な時間軸を有した構造体であることを

ぼんやりと感じさせることができればと考えてのことです。

トレペ技はイメージと結果のギャップが中々埋まらないものなので

かなりドキドキしますが、なんとかうまくいって良かったです。

中身は図版モリモリ、年表もモリモリ、寄稿文も充実しています。

 

ぜひ展示と共にご覧くださいませ!

→展覧会webサイト