武蔵野美術大学 美術館・図書館企画展「ムサビのデザインII」

2012.04.21


昨年、武蔵野美術大学 美術館・図書館で開催された「ムサビのデザイン」の

第二弾が5月15日から開催されます。

今回は「デザインアーカイブ50s – 70s」と題して、

50年代から70年代のポスター、椅子、雑誌のデザインコレクションが公開されます。

ポスターでは日宣美とペルソナなど、椅子と雑誌では日本、アメリカ、ヨーロッパの

コレクションがたくさん出てきます。

この頃のデザインといえば、東京オリンピックや万博等の国家的なイベントによって

デザイン分野が大きく拡張された時代でした。

特に雑誌では、アメリカではアレクセイ・ブロドウィッチやハーブルバリン、

ヨーロッパではマックスビルやブロックマン、オトルアイヒャー、

日本では杉浦康平、勝井三雄、羽良田平吉など、エディトリアルデザインの歴史的なエポックとなった作品が

数多く生まれた年代だと思います。

結構見応えがある展示になると思いますが、

グラフィック全般をまとめていくとなると、それなりに労力を要するわけです。

つい先日、図録が校了になったばかりなのですが、

これから会場設置用の年表を作り始めます。

密度の濃い展示になると思うので、遠方ですが、ぜひお越し下さい。

→展覧会webサイト