「年鑑日本の空間デザイン2018」発売

2017.11.01

六耀社発行の「年鑑日本の空間デザイン2018」が12月上旬に発売予定です。

本書は空間デザイン機構を中心に編纂され、
日本空間デザイン協会、日本商環境デザイン協会、日本サインデザイン協会による
各コンペティションで選ばれた入賞・入選を収録する年鑑です。
本書のブックデザインを担当しました。
ぜひご覧ください。 
→空間デザイン機構 Website 
→発行社 Website 

 

年鑑日本の空間デザイン2018 ディスプレイ・サイン・商環境
Annual of Spatial Design in Japan 2018 Displays, Signs & Commercial Spaces

掲載作品:約350点(オールカラー、図版約1200点)
編集:空間デザイン機構、年鑑日本の空間デザイン刊行委員会
体裁:A4変型(297×215mm)/上製(セミハード)/総ページ数400頁前後
ブックデザイン:中野豪雄
販売予定:2017年12月上旬
本体価格:16,500円(税別)
ISBN978-4-89737-967-8
発行:株式会社 六耀社


『年鑑日本の空間デザイン』は、過去1年間の優れた空間デザインを総覧できる書籍として
1973年に創刊され、今年で45冊目となります。
日本が誇る空間デザイン3団体、日本空間デザイン協会(DSA、2012年2月1日より名称をDDAから変更)、
日本商環境デザイン協会(JCD)、日本サインデザイン協会(SDA)による、
各コンペティションで厳正に選ばれた作品を、図版とテキストでご紹介します。
エキシビション、商空間、ウインドウ、サインなど、さまざまな分野の空間デザインに触れることで、
今求められているデザインを敏感に感じとれる年鑑です。
 2018年版では、昨年に引き続き上位賞受賞作品の紹介頁や、
1年間の空間デザインを振り返る頁を充実させたほか、
識者による論評、大胆な誌面レイアウトを実現させました。


序論:
アワードのアイデンティティをめぐって
五十嵐太郎(東北大学教授・建築史家)

掲載作品分野:
展示会、見本市、イルミネーション、
インスタレーション、ショールーム、ショップ空間、
レストラン、カフェ、百貨店、エキナカ、ホテル、
美容室、アミューズメント施設、ショーウインドウ、
博物館、学校、病院、福祉施設、オフィス、
パブリックサイン、コマーシャルサインなど、
多彩な空間。