「ウォルタークレインの本の仕事」開催

2017.02.09

千葉市美術館にて企画展
「絵本はここから始まった:ウォルター・クレインの本の仕事」が
開催されます。
19世紀後半にイギリスで活躍し、
現代の絵本基礎を築いた画家・ウォルター・クレインの本の仕事を、
本格的に紹介する日本で初めての展覧会です。
ぜひご覧ください。

→展覧会 Website

 

 

 

絵本はここから始まった- ウォルター・クレインの本の仕事

2017年4月5日(水)-5月28日(日)

 

ウォルター・クレイン(Walter Crane 1845-1915)は、

19世紀後半にイギリスで活躍し、現代の絵本の基礎を築いた重要な画家の一人であり、

また、ウィリアム・モリスとともにアーツ・アンド・クラフツ運動を推進した

デザイナーとしても知られています。

1845年、画家の息子としてリヴァプールに生まれたクレインは、

木口木版の工房に入りデッサンの基礎を学びます。

その後、多色刷木口木版の技術を開発した

彫版師・刷師のエドマンド・エヴァンズに才能を見いだされ、

二人は1865年に全ページカラー刷りのトイ・ブック(簡易なつくりの絵本)を

生み出します。

その後、彼らが次々と世に送り出した絵本は高い評価を得て、

クレインは子どもの本の画家として一躍有名になります。

見開きページ全体の調和を重視したクレインは、

絵本そのものの設計に目を向けた最初の画家・デザイナーといえるでしょう。

一方で、当時の日本の浮世絵から学んだことも指摘されています。

1877年以降、クレインはトイ・ブックの仕事から離れますが、

生涯にわたって挿絵の分野で数々の傑作を生み出します。

その一方で、壁紙、テキスタイル、室内装飾などのデザイナーとして、

教育者、画家、熱心な社会主義者として多方面で活躍しました。

本展は、本の仕事を中心にクレインの芸術を本格的に紹介する

日本で初めての展覧会であり、ほぼすべての絵本と主要な挿絵本を網羅する

約140点を展観します。

またクレインとともに絵本の黄金時代を築いた画家ケイト・グリーナウェイと

ランドルフ・コールデコットの作品約40点もあわせてご覧いただきます。

 

講演会

「ウォルター・クレインの絵本 〜ヴィクトリア時代に現代の絵本の源流をたどる」

講師:

正置友子(絵本学研究所主宰)

5月5日(金・祝)

14:00より(13:30開場予定) 11階講堂にて

定員150名

聴講無料

*当日12:00より11階にて整理券配布

 

ワークショップ

「花の庭 〜美術館で妖精をみつけよう〜 」(事前申込制)

春の庭に種をまいたらどんなお花が咲くかな。

そのお花にはどんな妖精が隠れていそう? 想像を膨らませながら、

色と形で遊びます。

4月29日(土・祝)

13:30〜15:30

11階講堂にて 小学生対象(1年生〜6年生)

定員15名

参加費300円

申込方法

往復はがきまたはホームページからお申し込みください。

往復はがきの場合は、郵便番号・住所・電話番号・氏名・

年齢・参加希望のイベント名・参加人数(2名まで)・

当日連絡可能な連絡先を明記の上、

〒260-8733千葉市中央区中央3-10-8 千葉市美術館イベント係 まで。

*お申込みは1通につき1イベント。

*応募多数の場合は抽選。

 

イベントの変更・追加につきましてはホームページを ご確認ください。


市民美術講座

「ウォルター・クレイン入門」

講師:

山根佳奈(当館学芸員)

4月22日(土)14:00より(13:30開場予定)

11階講堂にて

先着150名

聴講無料

 


ギャラリートーク 正置友子氏による:

4月15日(土)14:00〜 担当学芸員による:

4月5日(水)14:00〜 ボランティアスタッフによる:

会期中の毎週水曜日14:00〜(4月5日をのぞく)

*水曜日以外の平日にも開催することがあります。

*混雑時には中止する場合があります。